草刈機(刈払機)の選び方

自分の管理する敷地に草が伸びてきたら、草刈機(刈払機)や除草剤で、草を処理しなければなりません。

ところで、草刈機(刈払機)には、様々なモデルが存在します。

はじめて草刈機(刈払機)を購入する場合には、どういったタイプを選んだら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この稿では、草刈機(刈払機)の選び方について解説していきます。

一番多い肩掛け式草刈機の使い方

ショルダーベルトは左肩にかけ、刈払機は必ず右側にくるようにします。右利き、左利きに関わらず必ずこの位置で使用してください。

刈払機の刃は反時計回りとなっており、草を刈る場合は右から左側と一方向に動かします。

ショルダーベルトは刈刃が地上から数cmの高さになるよう調節し、腰を使って左右に振りやすく平行になる位置に調節するのが基本です。

また、刈る作業の足の位置は右足が前、左足が後ろから付いてくる形になります。

普通に歩きながらだと疲れますし、無理なフォームだと怪我の恐れもあるので避けましょう。傾斜地では足が滑りやすいため、一歩ずつ足場を確かめる必要があります。

草刈機を動力方式で分類する

刈払機には、エンジンを搭載しているタイプやコード式・充電式の電気タイプなどがあります。

エンジン式にするか電動にするかによっても使い方が変わってくるので、事前にどんな場面で使用するか決めておきましょう。

エンジン式草刈機

エンジンを搭載した、刈払機の定番タイプです。ガソリンやオイルとガソリンを混合する、混合ガソリンを燃料とします。

電気で動くタイプに比べるとエンジン式は非常にパワフルで、田畑などの広い場所や山林の下草刈りといった場合にも使用可できます。

しかし、エンジン式は騒音も大きくなるので、住宅地の近隣で使用する際には注意が必要です。

さらにエンジン式の中でも「4サイクル」と「2サイクル」に種類が分かれます。

4サイクルエンジンはエンジン自体の重量がありますが、2サイクルエンジンと比較すると静かで燃費が良いのが特徴です。

2サイクルエンジンは4サイクルエンジンよりは燃費が劣るものの、瞬発的パワーが強いのが特徴です。2サイクルエンジンはエンジンの構造上、混合ガソリンを使用する必要があります。

また、エンジン始動が簡単なリコイル(R)スタートができる機種もあります。

リコイルロープを引いて戻すだけでエンジン始動ができる、割と簡単なエンジンスタートの方式なので、初めてエンジン式の草刈機を使うという方でも楽に指導できます。

エンジン式の排気量について

排気量はエンジンの性能を表す指標のひとつで、刈払機のパワーに直結します。

一般的に各メーカーからは20~30cc程度の排気量の草刈機(刈払機)が販売されています。

排気量が高ければ高くなるほど、パワーと作業効率(騒音)が上がりますが、その分エンジンとそれを支持するパーツが大きくなるために、全体の重量が増すのが難点でもあります。

刈りたい草の種類や利用場所、目的など総合的に照らし合わせ、適した草刈機を選ぶと良いです。

排気量20cc~23cc

エンジンタイプの中では非常に軽く、取り扱いが容易なタイプです。

年齢の高い方や非力な方にも、比較的簡単に扱うことができます。

しかしながら小排気量エンジンの場合、除草パワーは弱くなり、場所によってはパワー不足ということもありえます。

例えばたくましい草や硬い草や太い草、広い範囲を長時間作業をする場合などには向いていません。

排気量26cc~30cc

小排気量エンジンに比べると、パワフルで硬い草や小枝でも効率よく刈ることができます。

広い範囲をスピーディーに除草したい、という場合にはこのクラスを選ぶと効率的でしょう。農業用地や土手など、広い場所を手早くキレイにできます。

また、ナイロンカッターの利用も可能です。

しかしながら排気量が大きくなると、エンジンや支持パーツの重量が増えてくるので、女性や高齢者など比較的非力な人が作業をする場合には、「手押し式の草刈機」など、エンジンや草刈機の重量が直接身体に負担をかけないタイプを選ぶと良いでしょう。

電気式の草刈機

コード式

コンセントからコードを通して電源を供給するタイプです。燃料切れの心配がないため、長時間の作業に向いています。エンジンやバッテリーを搭載しない分、他の2タイプよりも重量が軽めです。騒音が小さいというメリットもあります。

ただし、当然ですが、コードが届く範囲しか草刈りができません。あまり本格的な作業には適さないと言えるでしょう。

充電式

コード式と同じく電気を動力源として動きますが、バッテリーに充電をするタイプになります。

特徴としては、電源コードの重さや長さの制限がありません。

また、モーター駆動のためエンジン式よりも比較的軽く、騒音も少ないので比較的静かに作業ができます。住宅地や住宅が近くにある田畑などでも、使用できるでしょう。

ただし、充電が切れてしまうと使用できず、充電の時間が必要になるという点には注意が必要です。

ハンドルタイプで分類

ハンドル(持ち手)部分の形状には様々なタイプがあり、手で持つのではなく、背負って使うタイプもあります。

刈る場所や目的から考えて、自分たちが使いやすいハンドルタイプを選んでください。

両手ハンドル

棒の左右にU字型ハンドルがついていて、両手で持つタイプです。

ハンドルを握ると正面を向くことになるため、身体への負担は軽く済むでしょう。

左右に振りやすく、平坦地での作業に適しています。その代わり、縦の動きはやや苦手です。

ループハンドル・2グリップハンドル

ループハンドルは棒の途中に輪のようなハンドルがついており、片手で輪を、もう片手で棒を握るタイプです。

2グリップハンドルは突出したハンドルがついておらず、両手で棒を握ります。いずれも小回りや縦の動きが得意なので、傾斜地や狭い場所の作業に最適です。

ただし、握った時に身体がねじれるような恰好になるため、長時間の作業や平坦地にはあまり向いていません。

背負い式

一番重いエンジン部を背負い、ハンドルとグリップだけを操作して刈るタイプです。

腕の負担が若干少なくなりますので、中時間の作業や傾斜地での作業等、ハードな作業に向いています。しかし、背中に重いものを背負っているため、腰への負担が大きくなります。

背負い式は26ccや30ccなど、排気量の大きい刈払機が中心です。

中間まとめ

以上の分類をまとめると、パワフルなエンジン式は重量が重たくなりがちで、手持ちやたとえ背負ったとしても、身体への負担が大きくなります。

それでは、パワフルでしかも、身体への負担が少ない草刈機というのは無いのでしょうか?

手押し式草刈機はパワフルで身体への負担が少ない

エンジン式の手押し式草刈機は、お値段もそれほど高額ではなく、エンジン式なので、ハイパワー。

また、地面に車輪で接地して重量が地面に分散されるので、背負ったり肩に掛けたり重量がかかってきません。

なので、身体への負担を考えると、平地や少しの傾斜地であれば、手押し式草刈機をおススメします。

狭い場所や傾斜地などは手押し式はあまり向いていませんので、肩掛け式の草刈機をおススメします。